MENU

血行を良くする食べ物

血行を良くする食べ物

血行が悪くなると万病のもとになる

血行が悪くなると冷え性、肩こり、腰痛、頭痛、血圧が高くなる、血色が悪くなるといったものがあり、その中には停滞温床によるがん細胞の増殖などといった弊害もあります。

 

また、坐骨神経痛になっているという時点で、血行がよくない可能性も高いため、血行をよくすることはできるだけ意識するべきことかと思います。

 

血行を良くする食べ物

血行を良くするには体を温める食材を食材を選ぶのがいいのですが、健康番組でよく出てくるドロドロ血を解消するための食べ物をご紹介します。

たまねぎ

血をさらさらにする効果があるとして代表的なのはたまねぎでしょう。硫化アリルという涙が出る成分である辛味が血液をサラサラにさせる効果があります。一般的には生で見ずにさらさないで食べるのがいいので、えぐみの少ない生玉ねぎなどを食べるといいかと思います。加熱する場合は、15分以上放置することによりその効果が得られます。量は一日四分の一個程度。加熱する場合も生で食べる場合も水でさらさずにスープなど水分もまるごと食べられるようにするのがおすすめです。

生姜

血行促進といえば、生姜が思いつくでしょう。生姜焼きや薬味、意外なところでは焼きそばなど少し入れることにより食欲増進の効果も期待できます。生姜はタンパク質の分解効果もあるため、肉料理に入れることでも効果が高いですし、加熱することにより生まれるショウガオールの抗酸化作用もうれしい効果です。

唐辛子

唐辛子は血行促進のほかに代謝の促進や美肌効果などがあります。様々な料理との相性がいいため積極的に摂るといいかと思います。ただ、入れすぎると味覚にダメージがあったり、胃の負担にもなりかねませんので、適度な摂取がおすすめです。

他の血行促進する食べ物

落花生、らっきょう、ねぎ、にら、えのき、タラの芽、赤黄ピーマン、豚ひれ肉、豚ロース肉、うなぎ、かぼちゃ、アーモンド、鯛、納豆、豆腐、トマト、ナス、サツマイモ、アボガド、海藻類

 

血行促進で坐骨神経痛を治す薬、口コミから効果を検証します

関連ページ

漢方って何?副作用は?
漢方についてです。