MENU

血の巡りをよくする漢方

漢方って何?副作用は?
血の巡りを良くすることにより様々な効果があることは数々のテレビ番組で見たことがあることも多いのではないでしょうか?

 

そもそも漢方とは?

漢方薬は自然の植物や鉱物から薬効のあるものを組み合わせ作られた東洋医学です。西洋医学との違いは自然のものを使っているだけあって副作用が少ない点です。また、医療用漢方ということで厚生労働省に認められている処方もあり、健康保険の適用も受けています。

 

実は、中国の漢方と日本の漢方とは独自の進歩をしているので、日本人に合っているのは日本人が開発した漢方なのですね。また、最近の漢方の役割として、明確な異常は西洋医学、検査に現れないような不調は漢方といった具合にすみわけができています。

 

お医者さんの多くが風邪の時に自分で使いたい薬を聞いたところ、漢方の葛根湯だったそうです。お医者さんが認める優秀さ、それは漢方の持つ病気になりそうな体質自体を改善するといったコンセプトにもあります。漢方は体質自体の改善を目的としているので広く支持されているのですね。

 

どんな漢方がある?どんな症状に合う?

かぜひきはじめ

葛根湯

五虎湯、銀翹散、麦門冬湯

肥満

防風通聖散

血行の改善

桂枝茯苓丸、加味逍遥散、桃核承気湯

 

神経痛に効く漢方は?

神経痛に効く漢方は牛車腎気丸などがありますが、副作用のリスクも高いため、漢方ではなく安全性の高い第三医薬品から選ぶのもいいかと思います。

 

血行促進で坐骨神経痛を治す薬、口コミから効果を検証しました

 

漢方の副作用

とはいっても、漢方の副作用というものがなくてなんでも安全に飲めてしまうかと言われれば、そうではありません。まず、漢方薬は生薬を配合していることからアレルギーになる可能性があります。また、血圧時の上昇や動悸、発汗や気持ち悪くなってしまうといった症状も考えられます。

 

原因は例えば葛根湯であるならば複数配合されたうちの一つまたは複数の生薬がアレルゲンになってしまっていることが考えられます。例えば、健康素材の印象が強い生姜は食べ過ぎると胃腸に負担をかけたり、妊娠中の下端への悪影響を与えるといった恐れがあります。購入の際には必ず薬剤師に自分の状態を知ってもらい、適切な処方をしてもらうほうがいいかと思います。

 

関連ページ

血行を良くする食べ物
血行を良くする食べ物です。