MENU

座骨神経痛に効く食事、食材

座骨神経痛に効く食事、食材

 

坐骨神経痛の時の食事はどんなものがいい?

坐骨神経痛になってしまった際の食事というのもはどのようなことに気を付けるべきか、それをお伝えしたいと思います。

 

坐骨神経痛時に控えたほうがいいもの

坐骨神経痛の時に限らず冷えは万病のもとといいます。もちろん坐骨神経痛でも冷えは大敵です。乳製品やコーヒー、夏野菜(トマトやレタス)こんにゃく、あさり、小麦、白砂糖などは体を冷やす効果があります。その主な原因は、一つはそのものが冷たいことと、カリウムという利尿作用がある成分が含まれているため結果的に体を冷やしてしまう作用があるからです。意外に豚肉も体を冷やす作用があるので注意が必要です。

 

とはいっても全てを摂らないのをは難しいため、イメージ的には野菜ならば温野菜にする、食べてしまったら体らを温める食材も一緒にとることやお風呂にしっかりつかり体を温めるといった風にしましょう。

 

坐骨神経痛に効く食事や食材は?

野菜ならば根菜、冬の暖色や黒の野菜、特に体を温める作用のあるしょうがなどはおすすめです。普段飲むものも、コーヒーよりも体を温める作用のある紅茶や生姜紅茶などを選んだり、お風呂上りに冷たいものではなく、白湯を飲んだりすることも有効です。豚肉は体を冷やす性質がありますが、こうした温める食材と組み合わせたりすることで体を温めることもできます。どれが悪いではなく、どう使うかが重要です。

 

また、坐骨神経痛は見えないところで神経を圧迫している可能性があるため、肥満や冷え性の対策をすることも重要です。一番良いのはバランスのとれた和食なのですが、難しい場合は「健康に良さそう」な食事を心がけましょう。

 

つまり、暴飲暴食はもちろん、ファーストフードや外食は避け、栄養価の高い食事をすることが肝心で、また、ストレスは様々な体の不調の原因になりますのでためこまないことも重要です。

 

特に肥満の増長であり、体を冷やす「白砂糖」を控えるようにするだけでもかなり変わるかと思います。

 

また、坐骨神経痛の際に使う薬を検討することも必要です。

 

坐骨神経痛に効く薬って嘘?口コミから効果を検証します

関連ページ

座骨神経痛に効く漢方薬
座骨神経痛に効く漢方薬についてです。
坐骨神経痛の症状
坐骨神経痛の症状についてです。
坐骨神経痛の時の楽な寝方は?
坐骨神経痛の時の楽な寝方についてです。