MENU

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状

 

膝やお尻がジンジンとしびれている感じがする。
ツライ坐骨神経痛ですが、具体的にどういった症状なのかについてお伝えしたいと思います。

 

坐骨神経痛の症状

坐骨神経鬱は、坐骨神経という腰から足かけての神経が何らかの原因により、圧迫・刺激されることにより痛みやしびれの症状が出ることがあります。原因として、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄という症状が原因になることが多いです。

 

1.足の付け根や尾てい骨、お尻の深くから痛み、痺れがある
2.痺れが腰のあたりにする
3.腰の痛みとは別に痺れ、違和感がある
4.動かすと痺れが強くなったり、冷えると痛みが強くなる
5.歩き方が痛みを避けるために変わっている
6.いつもお尻あたりに痺れを感じる
7.歩くことで痛みが激しくなり、段々と歩けなくなる
8.腰を動かことにより足の痛みが激しくなる
9.寝ているときにお尻や足が激しく痛む

 

また、MRIでの診断で大体ははっきるするのですが、はっきり診断ができない場合もかなり多いとされます。そういった場合は脊髄造影という検査を受けることではっきりと判明することが多いです。

 

ですが、中には特定されない、すぐに繰り返してしまうという方もいらっしゃるので、根気よく症状にあった治療を続けることが大切です。

 

坐骨神経痛は血流の改善や運動により改善に向かうことが多いです。また姿勢や肥満の解消、ストレッチによる筋肉をほぐすということも有効です。また、投薬治療のほかにも接骨院などで施術を受けるという手段もあります。安易な対処療法だけではなく、根本的な解決を目指せるように相談を行い、実行していくことが何より大切です。

 

特に痛いからといって、外出をしないようになったり、運動をしないようになると悪循環に陥りやすいのが坐骨神経痛の怖いところです。

 

運動する際に痛みが気になる方は痛みと症状の改善が見込める薬を使用してみてはいかがでしょうか?

 

坐骨神経痛に効く薬って嘘?口コミから効果を検証します

関連ページ

座骨神経痛に効く食事、食材
座骨神経痛に効く食事、食材についてです。
座骨神経痛に効く漢方薬
座骨神経痛に効く漢方薬についてです。
坐骨神経痛の時の楽な寝方は?
坐骨神経痛の時の楽な寝方についてです。