MENU

坐骨神経痛に効く薬って嘘?口コミから効果を検証!

坐骨神経痛に効く薬って嘘?口コミから効果を検証!

腰、お尻など下半身の痛みやしびれば坐骨神経痛の可能性あり

ある日突然足の付け根、尾てい骨、お尻の深くから、腰など下半身にかけての痺れを感じるのならば、坐骨新神経痛の可能性を考えましょう。特に痺れに関しては血管が収縮して血液がうまく通っていない可能性がありますので、そういった症状がある場合はすぐにでもかかりつけ医の診断を受けてください。

 

坐骨神経痛のよくある症状とは?

・お尻に痺れまたは痛みがある
・下半身のどこかが痺れている
・歩くと痺れや痛みが強くなる
・お尻の奥から痛みがある
・楽な体勢になっても痛みや痺れが治まらない

 

坐骨神経痛の原因は?

若い時には腰椎椎間板ヘルニア、50代くらいからは腰部脊柱管狭窄が坐骨神経痛の大半を占めています。また事故や怪我で神経が圧迫されることにより症状が発生することがあります。

 

病院に行っても原因がわからない場合は?

病院で検査を行っても特に異常のない坐骨神経痛というものは存在します。理由は前述した何らかの原因で血流が詰まったり、神経が圧迫されていることなどが原因となりますが、明確なところなわからないことも多いのが現状です。

 

坐骨神経痛は自然治癒を期待しない

坐骨神経痛は基本的には治る症状ですが、痛いから安静にしていればいつか治るような類の症状ではありません。ストレッチや食生活などある程度の生活習慣の改善が必要となる場合が多いのですが、その中でも最悪なのが、痛くて動かないことで筋肉が減少することです。人間の筋肉はある程度動いていれば維持することができますが、全く動かない日数が続くと見る見るうちに減少していってしまいます。

 

動けなくなる前に痛みを薬で散らしてでも軽い運動をするほうが肉体的にも、精神的にも回復が早くなります。

 

坐骨神経痛に効く薬

坐骨神経痛に効く薬として有効なのは、神経に働きかけ痛みを止める作用が入っているものももちろんですが、坐骨神経痛の神経の圧迫を改善するような成分が入っているものを選ぶとことだ大切です。

 

とは言っても、実際どれを選べばいいのか、というのはわかりづらいですよね。

 

そこで、そんな坐骨神経痛の薬の口コミから効果を検証し、ランキング形式でご紹介します。

 

坐骨神経痛の薬ランキング

 

グルコンEX錠プラスの特徴

坐骨神経痛等の神経痛を関節痛を緩和
コンドロイチン配合
・第三医薬品

主要成分
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム、ビタミンB1 (チアミン硝化物)・ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)、ビタミンEコハク酸エステルカルシウム



効能
神経痛、筋肉痛・関節痛(坐骨神経痛、腰痛、肩こり、五十肩など)、手足のしびれ、、便秘、眼精疲労
飲み方
15歳以上は、1日3回2錠を、食後、水またはぬるま湯でかまずに服用
15歳未満は服用禁止
※用法・用量を厳守
口コミ
お尻の奥の痛みがひどくて座っていられないくらいになっていたときに使ったら痛みが引きました。ストレッチを繰り返してなんとかこれなしでも座れるようになりました。 (60代女性)
痛みがずっとあり、歩くとさらに痛くなるので外出をしなくなっていたらさらに痛くなってしまっていましたが。男性は痛みに弱いといいますが、本当です。コンドロイチンがいいと聞いたので試してみたら嘘のように痛みが引いて少しずつ運動もするようになったせいか回復に向かっています。 (80代男性)
膝が痛くなってしまい、どうしても外出が厳しくなっていたときに試したところ、効果がありました。大好きな外食もできるようになったので、精神的にも元気になってきています。まだ飲んでいないとだめですが、飲めば大丈夫だと思うと毎日が楽しくなってきました。 (70代女性)

価格 1980円
評価 評価5
備考 定期便での注文価格、二回目以降は6458円(送料無料)。通常価格は7178円+送料648円(一か月分)
グルコンEX錠プラスの総評

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムを使用しており、悩みの原因に直接アプローチすることにより痛みを緩和します。坐骨神経痛にも口コミで高い痛み緩和効果が期待できるものが多く、信用性は高いかと思います。

 

リョウシンJV錠の特徴

・一日一回の服用でOK
関節痛、神経痛、筋肉痛、 眼精疲労、栄養補給にも効果あり
・良心的な価格設定

主要成分
トコフェロール酢酸エステル、フルスルチアミン塩酸塩、パントテン酸カルシウム、シアノコバラミン、ピリドキシン塩酸塩、ガンマ-オリザノール



効能
ひざ・肩・腰などの関節痛、神経痛(坐骨神経痛)の緩和、筋肉痛、眼精疲労の緩和、肉体疲労時、妊娠授乳期、病中病後の体力低下時
飲み方
15歳以上は、1日1回2~3錠を水またはぬるま湯でかまずに服用(タイミング指定なし)
11歳以上15歳未満は、1日1回1~2錠を水またはぬるま湯でかまずに服用(タイミング指定なし)
11歳未満は服用禁止
※用法・用量を厳守
口コミ
坐骨神経痛です。痛みは確かに引くのですが、効果時間が私には少し短く感じました。どちらかといえば、眼精疲労によく効くのと、なんとなく元気になった気がするので悪くはないので、もう少し痛みを抑える成分がプラスされるといいと思います。 (60代女性)
毎日痛みを押しても動かないともっとダメになると思って頑張っていましたが、飲んでそれがばからしいことが分かりました。せっかくの散歩や運動、今では楽しくできていると思います。 (80代男性)
旅行が好きでしたが、歩く距離が長くなるとどうしても痛みが出てきていましたが、そういったときにリョウシンJV錠を飲むと痛みが引いて旅行を楽しむことができます。旅行に行くときは必ず持っています。 (70代女性)

価格 1900円
評価 評価4.5
備考 初回限定価格 通常価格は3800円+送料700円(一か月分)但し5000以上ならば送料無料
リョウシンJV錠の総評

初回購入が通常価格に比べかなり安く購入ができます。関節痛のほかにも栄養補給なども兼ねているため、運動不足で体力が低下している際にもおすすめです。

 

ビタトレールEXPの特徴

・ビタミンB1・B6・B12で代謝を促進
ガンマ-オリザノールで神経痛の改善
・脂肪、糖分の代謝を促進

主要成分
フルスルチアミン塩酸塩、ピリドキシン塩酸塩、シアノコバラミン、トコフェノールコハク酸エステルカルシウム、パントテン酸カルシウム、ガンマ-オリザノール
効能
眼精疲労、筋肉痛・関節痛(坐骨神経痛、肩こり、腰痛、五十肩など)、神経痛、手足のしびれ。



飲み方
15歳以上は、1日1回2~3錠を水またはぬるま湯でかまずに服用(タイミング指定なし)
11歳以上15歳未満は、1日1回1~2錠を水またはぬるま湯でかまずに服用(タイミング指定なし)
11歳未満は服用禁止
※用法・用量を厳守
口コミ
ちょっといいと聞いて試してみましたが。満足しました。おかげで大好きな趣味も楽しむことができるようになりました。運動も始めたいと思います。 (60代女性)
私にはあまり効きませんでした。こういったものは相性なので仕方がありませんが、飲み始めてから体の調子はいいので無駄な買い物ではなかったと思います。 (50代男性)
坐骨神経痛と診断されましたが、どうにも原因を特定されずにマッサージやストレッチなどを続けているうちは問題ありませんでしたが、やめた途端に痛みが発生してしまったため購入してみました。ストレッチも再開できたのでこれからはさぼらずにやろうと思います。 (70代女性)

価格 3980円
評価 評価4
備考 初回購入に限り送料、手数料無料)
ビタトレールEXPの総評

ビタミンとガンマオリザールを配合することにより血行を促進し、自律神経の働きを高めます。坐骨神経痛の改善を目指します。神経痛全般に効く性質を持っています。初回購入に限り送料が無料になるため、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

ラークセブンの特徴

・ナイアシン配合
初回1490円と格安
・ひざ、腰、肩、眼の痛みに効く

主要成分
ナイアシン、天然型ビタミンE、ビタミンB12、ガンマオリザノール、ビタミンB1誘導体、活性型ビタミンB6、パントテン酸
効能
神経痛、筋肉痛・関節痛(坐骨神経痛、腰痛、肩こり、五十肩など)、手足のしびれ、眼精疲労
飲み方
15歳以上は、1日1回2~3錠を、食後すぐに水またはぬるま湯でかまずに服用
15歳未満は服用禁止
※用法・用量を厳守
口コミ
以前のラークセブンよりも効きがよくなったと思います。調べてみたらどうやら配合が少し変わったみたいです。前はちょっと粒が大きくて飲みにくかったのですが、小粒になってくれたので飲みやすくなって効果も上がったのでいうことなしです。 (60代女性)
慢性の坐骨神経痛に使用。お尻のあたりの痺れがひどかったのですが、飲み始めてから改善しました。今は二日に一回飲む程度で収まっているので段々と治癒に向けていろいろ動こうと思っています。 (50代男性)
痛みがひどすぎて家事をやりたくなくなりました。家ではちょっと疎まれてきたのですが飲み始めてから動くのが苦痛ではなくなったので家事も再開しました。やっぱり動けないというのはいけませんね。 (70代女性)

価格 1490円
評価 評価1
備考 定期便価格、2回目以降は3576円(送料無料)。通常価格は3974円+送料648円(一か月分)
ラークセブンの総評

比較的に安価で続けることができるということと、1490円で試すことができるので懐にも優しいですね。開発元がびりびりした痺れ、神経痛に対する改善効果を意識しているため、痺れに悩んでいる方にはおすすめの商品になります。

漢方と医薬品のどちらが坐骨神経痛に効く?

坐骨神経痛を治すどちらがいいのか、というは賛否両論がありいまだに結論が出ていません。ただ、漢方は即効性がなく、体質改善のためにいあまる痛みや症状に弱いという特性があります。

 

対して医薬品について即効性は高いものの持続性はないといった特徴があります。どちらが正解などはないのですが、お仕事がすぐにでも始まる、休めないという方はやはり医薬品を使うほうがいいかと思いますし、じっくり運動をしながら痛くても直していきたいといった場合には漢方薬が向いているとも言えます。

 

どちらも試したいというの場合にはかかりつけ医にその旨を相談し、どちらも処方してもらうのが一番確実です。漢方薬はよく副作用がないということを耳にしますが、漢方薬は決して副作用がないわけではありません。アレルゲンや体に合わないなど人それぞれです。

 

どちらも市販されているものですのでなんとなく二つ飲んでいるという方もいらっしゃるかもしれませんが、できるだけやめておいたほうがいいかと思います。薬品にも相性の悪い成分というものがあり、より悪化してしまなんてことになったら目も当てられませんよね。

坐骨神経痛の薬に使われている成分の特徴一部紹介

コンドロイチンの特徴や特性

コンドロイチンとは、皮膚や粘膜を中心に存在する成分の日地等で特に軟骨には多く含まれており、弾力性と水分を与え、スムーズな動きをサポートする効果があります。コンドロイチンは加齢とともに生成される量がぐんと減ってしまうため、コンドロイチンを摂取することにより、軟骨の刺激が軽減される効果が期待できます。

 

ナイアシンの特徴や特性

ナイアシンとは、水溶性ビタミンの一つで細胞からエネルギーを生成するための補助をしkるえる栄養素です。皮膚や粘膜を正常化を助ける働きがあります。

 

ガンマオリザノールの特徴や特性

ガンマオリザールは米ぬかなどに多いポリフェノールの一種で血行を改善し、コレステロール値を下げる効果が期待できます。

 

ビタミンB群

ビタミンB群は代謝ビタミンとも呼ばれており、エネルギーを作るために必須の栄養素と言えます。しっかりと働ける形になることを活性型といい、活性型になることで効率よく働いてもらうことができます。

 

坐骨神経痛は治ります!

多くの坐骨神経痛は不治の病ではなく治る病気です。

 

ストレッチなどの運動や薬、食生活などを見直し、決して痛いからといってふさぎ込んだりせずに前向きに闘っていくことが何よりも重要です。